今からしばらく前、パチンコなどのギャンブルが理由で消費者金融などのローンを複数借入れることになった多重債務者の増加が社会問題となり、貸金業法が改正されることになりました。

様々な規制が法律によって施行されましたが、総量規制によって年収の3分の1以上のお金を借りることは原則禁止され、まとまったお金を借りることができなくなってしまったのです。

しかし、これはあくまで貸金業法のしばりを受ける消費者金融のローン、もしくはクレジットカードのキャッシング枠の話で、それ以外でのローンでは3分の1以上は当然のこと、年収の何倍ものお金を借りることができるのです。銀行の住宅ローンやマイカーローンが代表例ですが、これは銀行のローンは貸金業法の規制の対象とはならないからです。

銀行は他にも様々なローン商品を用意しており、フリーローンなどと呼ばれるお金を直接貸し出すサービスも行っています。これによって年収の3分の1以上の金額を借りることができますし、たとえ専業主婦のような収入のない方でも配偶者にしっかりとした収入があれば利用することもできるのです。

そして銀行のローンの場合、消費者金融やクレジットカードの利息と比較すると金利が低く設定されている場合がほとんどで、これはより長期的な返済を想定しているからなのですが、同じ金額を借りるのであれば銀行のローンというのはより利用者に有利になるローン商品であるということが言えます。

ただし、一般に銀行のローンは審査に時間がかかりなおかつ厳しいのが特徴で、希望に添えないことも十分考えられます。銀行での融資が断られてしまった場合でも、実は消費者金融で例外的に年収の3分の1以上のお金を借りることができ、おまとめローンといって債務を一本化する際に利用するサービスがそれにあたります。

そして、それ以外にも個人事業主への貸付け、緊急性があったり高額になった時の医療費への支払いが理由の貸付けは貸金業法の規制の対象とはならないのです。

複数社からの借金を一本化して金利を下げる方法

借金をしている場合、複数の業者から借りているというケースも少なくありませんが、それらを一本化することによって金利を下げることができます。

方法としては簡単な話で金利の安い金融機関からお金を借りて、それらをそれまでに借りている業者に返済をして借り換えをするという方法で金利の負担が少なくなることにより返済を容易にすることができます。

借金の返済が困難になる理由として、金利によって借金の金額がなかなか減らずにいつまでたっても利息だけを返し続けなければならないというものがありますが、一本化することで金利を抑えることができれば返済額も少なくなり返済をしやすくなるということになります。また、バラバラの返済日をひとつの日にまとめることができるという利点があるので、返済予定を立てやすくなるというメリットも有ります。

それではこの方法には一体どのような欠点があるのかというと、返済をするためにはまとまったお金を借りる必要があるわけですから、すでに限度額一杯にまで借りているような状況ではどこも貸してくれないという可能性があるということです。特に金利の安いところは審査も厳しい傾向にありますから、借り換えることができれば楽になるのはわかっていても借り換えること自体ができないというケースがあるという点です。

次に借り換えることができた時に、ある程度余裕が生まれることから返済自体は楽になるのですがそれによって、また借金をしても大丈夫だという気になりやすく、再び別の場所から借金をしてしまってまた元の木阿弥に戻ってしまうというケースも珍しくないことです。そのため、一本化をすることができた時には油断をすることなく、しっかり返済をしていくことが重要となります。

借金で苦しんでいる状況だとまとまったお金を貸してくれないことも多いのですが、一本化を目的としたカードローンなどもありますからそのようなものを利用して金利の負担を減らしてみましょう。