他社に借入がある場合、借入金額や現在の信用情報の状況によっては十分新規の契約をすることは可能です。

特に銀行系のカードローンの場合は収入による貸し出し制限がないため、支払い能力さえ認められれば借りれるのです。消費者金融の場合でも他社での借入総額が年収の3分の1以下であれば、契約することができます。

ただし他社での借入金額とこれから契約する希望限度額の合計が100万円以上になる場合か、単独で50万円以上の限度額を希望する場合は収入証明書が必要となる場合があります。銀行では高ければ300万円まで収入証明書の提出が不要となっているところもあります。

申し込みをする場合はいくつか注意点があります。

1.短期間で複数申し込みをしない

まず1つ目としては、短期間でたくさんの金融機関に申込を行わないことです。申し込みをすると信用情報に、申し込みがあったことが記録されます。審査では必ず信用情報を確認されますので、「他の会社にも申し込みをしているんだな」ということがわかってしまうのです。

また、会社の規定に短期間で申し込みができる件数が決められており、多くの金融機関が1ヵ月の最大申し込み件数を3件程度に設定しています。いくら信用力があったとしても、それ以上申し込みをしていると絶対に落とされてしまい、この状態を「申し込みブラック」と呼びます。

2.虚偽の申告をしない

2つ目の注意点は申込書に嘘は書かないことです。借入がある場合は件数と金額をしっかり書きましょう。嘘を書いても必ず信用情報でばれてしまいますので、信用を失うだけです。

3.支払いを滞納しない

3つ目はすでに契約している会社の支払いはしっかりと行うことです。滞納している状態では新規の契約ができる可能性がぐんと下がってしまいます。他で滞納している人にわざわざ貸し出しをするのはリスクが高いと判断されるためです。1日でも遅れるとそのことが情報として残ってしまいますので、注意しましょう。

複数の会社から借りるよりも、同じ会社からまとまった金額で借りたほうが有利なことも多いので、増額できないかも検討してみると良いでしょう。

無職・無収入でもお金は借りる方法はあるか?

無職でもお金を借りる方法はあります。

カードローンを利用するのはちょっと難しいですが、クレジットカードなら無職でも作れる可能性があります。キャッシング可能枠を10万円くらいの最低額にして申し込めば審査に通る可能性があります。

ただ、職業を本当に正直に無職だと記入して提出すると厳しいので、自営業ということにしておくといいです。自営業で何をやっているのかと突っ込まれたら、アフィリエイトで少し稼いでいるとでも言っておくといいでしょう。

クレジットカードを作る際は、電話で本人確認をしてくる場合もありますが、まったく確認してこない場合もあります。業者によってまちまちですから、インターネットなどで事前に調べておくといいです。

過去にクレジットカードなどの支払遅延履歴などがまったく無く初めてのカード取得であり、かつキャッシング枠も最低にして申し込んでいれば、わりとすんなり審査に通る可能性があります。カードができてしまえばこっちのものです。キャッシング枠を使ってお金を借りることができます。

しかし本当に無職であれば、お金が入ってくる当てがないわけですから、借りたお金を返す術がありません。お金を借りる際は、ちゃんと収入を確保してから借りるべきでしょう。

お金を借りる方法は、手段を選ばなければ他にもいろいろ考えられます。例えば闇金で借りるなどです。しかし借りると後々とんでもないことになりますから絶対に借りてはいけません。万が一闇金などを利用してしまうと、臓器の1つ2つくらい失ってしまうようなことになるかもしれません。

無職の人が借金をするなら、一番いいのはやはり親です。親から借金をすれば、利息も払わなくていいですし、返済期限も決まっていません。しかし借りたものはちゃんと返さないと、親しい仲だといっても後々トラブルに発展する可能性があります。

そして、やはりいつまでも無職でブラブラして親に無心するというのは人間として問題がありますから、理想的にはしっかり職探しをするべきですね。