クレカ

クレジットカードの現金化というのは、現金化を行う業者に関してはグレーゾーンとなっていて場合によっては摘発もされる可能性があるため違法といえます。

それでは利用する側はどうなのかというと、利用者側からすればこちらは摘発されたという事例はないため直ちに違法とされるものとはなっていません。しかし、合法であるかというとそれも微妙なラインとなっていて場合によっては横領罪に当たる可能性であったり、あるいは詐欺行為とあってしまう可能性はないわけではありません。

現実的には利用者側が法律違反で逮捕をされる可能性というのは、ほぼないと言えますから法的には問題がないといえますがクレジットカード会社からのペナルティを受ける可能性は非常に高いものとなっているので利用をしない事が重要となります。

それではなぜクレジットカードの現金化が問題となるのかというと、これは実質的に闇金を利用するのと変わりないものとなっていますから一時的にはお金を手に入れることができたとしても、そのご返済をするのが難しくなってしまい結局のところ最悪の事態となってしまうためです。

クレジットカードを現金化するのは規約違反には違いありませんから、発覚をすればカードの利用停止や退会処分、残債の一括返済の義務が発生するなど厳しいペナルティが課せられてしまうのでどれだけお金に苦しい状況であっても利用をしてはいけないのです。

業者側もあの手この手を使って違法とならないように工夫をしているため、簡単に違法と言い切れるものではなくなっているので法律的には利用をしても問題ないということもあるのですが、脱法行為にしかほかならずどちらにしても後から苦しい思いをすることになるため手を出さないほうが懸命な判断だといえます。

お金に困っている時というのは、なんとしてでも現金を作りたくなってクレジットカード現金化の誘惑に駆られてしまうこともあるでしょうが、後で苦しい思いをするだけであり法律的にもトラブルに巻き込まれる可能性はあるので避けなければなりません。

返済が滞ると怖い人が取り立てに来るって本当?

返済が滞ると怖い人が取り立てに来るのかというのは、嘘ではありませんが本当のこととはいえません。

お金を返すことが出来ない人にとっては、取り立てにくる人というのは誰でも怖く見えてしまいますからその点に関しては怖い人が来るというのは間違ってはいません。しかし、身の危険を感じるような危ない人が来るかというとそのようなことはなく、ごく普通の人が借金の催促に来るだけですから何かされるということはありません。

ただし、これはあくまでも普通の金融機関からお金を借りた場合の話であり、闇金などから借りた場合には事情が変わってきます。

一般の金融機関でしたら法律に則ってその範囲で、借金の催促をしてくるので身の危険を感じたり恐怖を味わうようなことをされるということはありませんが、闇金の場合には返済をすることができなければあらゆる手段を使ってでも回収をしてこようとします。

暴力に訴えるようなことをすれば、すぐに警察に捕まってしまいますからそのようなことはしないにしても精神的にとことん追いつめられるまで取り立てを行ってくるのでまともな人の神経では耐えることができないものとなります。

そのため、闇金などからお金を借りてしまったという場合には返済することができなかった時には、怖い人が取り立てにやってくるというのは十分に有り得る話となっています。そうでない場合には借りている側からすれば恐怖を感じることはあるかも知れませんが、取り立てにやってくる人もごく普通のサラリーマンですからそこまで恐れる必要はありません。

恐れる必要はないからといってただ返すことができないとなれば、相手も法律の範囲内で出来ることは何でもしてきますから闇金よりは厳しくないといっても適当な対応をすると辛い思いをしてしまうことになりますから注意をしましょう。

返済を出来無いのであれば返済できないなりに、方法がありますから法律相談所などを利用して話し合いをすることが大切です。